PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

準中型免許、若年者確保へ期待 認知度や初任運転者指導の課題も

【トラック】
2016年6月24日 18:01
0624.jpg  18歳から総重量3・5トン以上7・5トン未満の車両が運転できるようになる準中型免許が来年3月12日から施行され、ドライバー不足のトラック運送業界にとっては、久しぶりの大きな追い風となる。取得にかかる技能教習時間の41時間(時限)は、新たに普通免許を取得する場合と比べて7時間しか変わらず、「取得の負担がそれほど大きくない」こともあり、事業者にとっては人材確保に向けての期待が膨らんでいる。半面、スタートまで9か月を切り、制度自体の認知度が高くないなど課題も残っている。今後はトラック業界に入ってくる若年者が増えるよう周知を効果的に行うとともに、いかに人材確保につなげていくか業界の対応も重要になる。
 

今月のテーマ

 法令順守すれば売り上げが落ちるーー。どの業界にも「矛盾」が生じる場面がある。  今回は「物流業界で日頃感じている矛盾」をテーマに各事業者に聞いた。 ・・・

  • アンケート調査
  • アンケート結果レポート
  • 物流ウィークリー サンプル・お申し込み
  • 物流ウィークリー 購読お申し込み

HEADLINE 今週の紙面

【総合】
準中型免許、若年者確保へ期待 認知度や初任運転者指導の課題も
【総合】
廃棄物か有価物か 運搬費用で判断 神戸市・鉄鋼スラグの使用で
【総合】
SOLAS条約改正でドレージ業者、負担増?
【総合】
真のプロ、減った? トラックドライバー教育の現場
【荷主】
純新 信頼勝ち得る流通加工 働きやすい職場環境構築へ
【ドラ】
下館陸運 小島大幸氏 「一刻も早く届けたい」救援物資の重要性
【社会】
事業継続に危機感 立入り調査で長距離困難に
【社会】
同業他社間でドライバー引き抜き モラルのない裏切り行為…
【東日本】
東ト協青年部 結城賢進本部長 前向きに何事にも挑戦
【西日本】
大ト協理事会 脱3Kで労働環境改善へ
【九州】
九州トラック交通共済協同組合 新理事長に石塚政章氏

物流産業新聞社の書籍紹介

  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

Alternative content

占いスタートボタン

今週の川柳 大賞授賞

人足りず
自分で 自分を 点呼する

(第280回 2016年6月13日付)

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス

最新関連データ

【3月の行政処分】

  • 北海道
    15件
  • 東北
    0件
  • 関東
    87件
  • 中部
    27件
  • 近畿
    36件
  • 中国
    8件
  • 四国
    2件
  • 九州・沖縄
    25件
  • 詳細はこちら