COLUMN COLLECTION | 連載コラム

わが社に監査が来る!

運送事業に携わる社長・管理職の相談役・コンサルタントとして
問題を解決する「あいち経営コンサルタント」の和田康宏氏。
現場視点で運送会社の社長が抱くさまざまな悩みを解決し、
厳しい経済情勢で生き残っていくためのポイントを解説する。

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格、会計事務所勤務後、22歳で行政書士試験事務所開業。Gマーク制度並びにグリーン経営制度発足当初から「取得支援」を開始。運輸安全マネジメントの導入・運用を支援。これまで300以上のコンサル実績がある。
あいち経営コンサルタント 和田康宏
お問い合わせは http://www.aichi-keiei.jp

新トラック運送経営のヒント(最終回)機器の管理で危機を回避


 「アルコールチェッカーによるチェックを不正に逃れていた」。九州のあるバス会社で判明した、何とも情けない話です。すでにこのバス会社に対する九州運輸局の監査は終わっており、法令違反があれば行政処分が下されます。

2013年10月25日 13:37

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(87)臨検後2、3か月が勝負時


 最近は「労基署からの通報」がキッカケで、国交省の抜き打ち監査を受ける運送会社が増えてきています。前号でお話しした九州地区の運送会社の中にも、労基署の通報がキッカケで国交省の監査を受け、7日間の営業停止処分になった事例があります。本来は労基署の臨検で法令違反を指摘されないことが理想です。

2013年10月18日 11:49

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(86)現状できる労働時間改善を


 九州地区では8月だけで6社もの運送会社が営業停止処分になりました。

2013年10月10日 19:13

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(85)適正化機関による速報


 8月に中国地方の運送会社が営業停止になりました。一つの営業所が14日間(13台)、本社営業所3日間、という大変重い処分内容です。

2013年10月 4日 14:26

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(84)正しい危機知識を持つ


 「事業停止に該当する可能性がありますので、念のためお知らせしておきます」

2013年9月27日 09:26

つづきを読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11